戻る曲がるHome

まっすぐな道をまっすぐ走る。当り前のことですが、これが最初は難しい。蛇行しないように一生懸命やればやるほど蟻地獄のように深みにはまり、車はあらぬ方へと進んで行く。
誰でも一度は経験することなのですが、この状態からなるべく早く脱出しなければ、自動車学校では次の段階へは進ませてくれません。しかも、まっすぐ走るだけでも大変なところへ、更にキープレフト(左寄り走行)をするように言われます。
そりゃあ誰だって言われたとおりにやりたいとは思いますが、これがなかなか・・。

蛇行とは、進行方向に対してズレが生じる現象のことですから、このズレに早く気付けば当然修正も早くなり、車はまっすぐ進んでくれます。
ではなぜ初心者はズレの発生に早く気付かないのか?

昔、いや今でもサーカスでは『綱渡り』という曲芸があります。
そのコツというのが自分の目線を進む方向の一点に固定することだと言います。(もちろん綱の上で体のバランスがとれるという前提条件はありますが)一点に目線を固定することにより体のバランスが崩れる前兆を早目に感じることができるので、崩れる前に体を反応させ、この動作の連続が『綱渡り』の芸を可能にしているのだそうです。

この『綱渡り』をヒントにすると理解しやすいと思うのですが、初心者はどうしても運転操作の方に気持ちが一杯で、ハンドルや車のボンネットなど自分の体に近い物に目線を集中する傾向があるため”目線が下に落ち、遠くが見えない”現象がでてきます。
当然目線が下に落ち、遠くを見ることができないのですから走行ラインのズレに気付くのも遅くなります。しかしこのことが解ったとしても「だったら、どこを見たらいいの?」ということが問題になってきます。

下図を見ると一目瞭然なのですが、直線コース終わりの左寄りポイントが『見なければいけない場所』になります。
注意:ポイントに接近して、カーブの手前になったら目線は移動しなければいけません。『曲がる』を参照して下さい。

最後に「それじゃあ右に寄せたいときはどうするの?」とお考えの方に念のため、直線コース終わりのセンターライン側を見て下さい。必ず右側に寄って行きます。
車は自分の見ている方に進むのです。