戻るHome

S字は少し道幅の狭いカーブだと思って下さい。但し、普通のカーブと少し違うのは、カーブの終わりで、いつのまにか次のカーブが始まっているということなのです。
初心者の方は、この
次のカーブに騙されやすいのです。

恐らくどこの自動車学校でも初段階のうちは外周コースが基本になっているはずです。
実は問題はここから発生しているのです。
外周コースにどうにか慣れた頃からクランクやS字が始まるのですが、クランクはいわゆる曲がり角ですから、初心者でも曲がる前に角から離れる必要性は比較的理解しやすいのです。
しかし、S字は初心者にとってそれまで一度も経験したことのない形状をしているのです。
S字は最初、左カーブ、それから右カーブと連続しています。問題なのは最初の左カーブの終わりが自覚できないうちに、次の右カーブが見えてくることです。
当然初心者は反射的に次の右カーブを通るために左側に寄せる準備をしてしまい、まだ
左後輪が右カーブを完全に通過しきらないうちに車体を左に寄せ、その結果脱輪してしまいます。
カーブでの後輪に対する通過のイメージがまだできていない初心者は、簡単にこの『騙し』にひっかかります。

結論から言うと、『S字は後輪で通るのです』。と、言っても理解しずらいと思いますが、まずは下図とその解説の通りに一度お試し下さい。必ず通れるはずです。