最初に:
S字は
走行ラインのイメージを頭の中に描く必要があります。
まずS字全体の長さを1と考えた場合、進入してから全体の長さの2/3(
Bポイント)まで右寄り走行をすること。後は出口(Cポイント)まで右後輪が脱輪しない程度に車体を右側から離して走行すること。


速度は:
あまり遅すぎてはいけません。
ある程度の速度(
早足程度の歩行速度)が必要。止まりそうな速度は自分の車の動きが把握しにくくなるため不適。


左図の解説:
Car No.1
S字入り口の5m位(車1台分の長さ)手前までに充分速度を落とし、
Aポイントに視線(顔)を向け、ハンドルを「回したい」と感じたときすぐ回す。
S字は道幅がクランクと同じなので、ここの要領はクランクを参考にしたほうが良い。


Car No.2
Aポイントを目で捕えたまま、Car No.3の位置に車を誘導するようにハンドルを戻す。
このときの戻す量は全てではなく、その後のカーブが曲がれる程度に残すことが肝心。


Car No.3
Bポイントに視線を向け、Car No.4〜Car No.5までを右寄り走行するイメージで進む。


Car No.4
Bポイントを目で捕えたまま、確実にCar No.5の位置まで車を誘導する。


Car No.5
Cポイントに視線を向け、Car No.6〜Car No.7までの走行ラインをイメージして、ハンドルを「回したい」と感じる量だけ回す。


Car No.6
Cポイントを目で捕えたまま、Car No.7の位置まで車を誘導する。


Car No.7
この図の場合は出口を右折に想定しているので、右左両方行から接近する車に注意しながら、右折後の誘導位置をなるべく遠くに設定して、その場所に視線を確実に向けて曲がる。


アドバイス:
イメージした走行ラインから外れたと感じた時、修正のためのハンドル操作量が、S字に入るのが初めての方はその量が少なめの傾向がでます。できるだけ『感じた分』だけ操作して下さい。最初のうちはなめらかなラインは描けません。蛇行しても良いですからポイントから目を離さずに『感じた』通りの修正を積極的にしてみて下さい。


最後に:
S字について色々と解説やアドバイスを書きましたが、それでも「何だかよくわからない!」と思っている方は以下の方法を試してみて下さい。ホントはとっても簡単なのです。

進入時にAだけを見て曲がる
Aに接近してきたらBに視線を移動する
Bに接近してきたらCに視線を移動する

以上のことを確実に実行すると何故か通ってしまいます。是非お試しを。