寄せるHome

『寄せる』の項でも書きましたが、車は自分が見ている方に進むと云う法則(?)があります。
言い替えれば、自分の行きたい方を見ているだけでその場所に向かっていけるのです。
但しあまり漠然とした思いで見てもダメです。
特に初心者の方は『自分の行きたい場所』と言われてもピンとこないかもしれませんので、自分が自転車に乗っている(乗れない人はゴメンナサイ)時のことを想像して下さい。
誰でも必ず先の方を見て「あそこを走ろう」と特定しながら走っているはずです。
ただ、慣れてくると自分ではそのことを特別に意識をしなくてもできるようになってくるので
気付きにくいかもしれませんが、この場所の特定の連続を知らず知らずのうちにやっているのです。

それじゃあ車は?と言うと、カーブではカーブの終わりの場所で『自分の車がいたらいいな〜』と思う場所を見るのです。

見る時期(場所)は、直線が終わる(カーブの始まる)4〜5m(車1台分)位手前になります。勿論カーブが終わるまで見ているのではなく、特定した場所に接近してきたら『寄せる』の項で書いたことをまた繰り返します。
下図を参考にして下さい。