Car No.1

クランク入り口の5m位(車1台分の長さ)手前までに充分速度を落とし、Aポイントに視線を向け、できるだけ道路の左側に寄せようと思って下さい。
このとき、ポイントを目の正面でとらえる(顔を目標ポイントに向ける)ことが肝心です。


Car No.2

視線はそのままにして、進入のためのハンドル操作を開始します。
この時の操作量は回し始めの時期(早い.遅い)によって多少違ってきますが、とりあえず右後輪が当たらない程度の感覚で回して下さい。


Car No.3

車が進入し始めたら、Aポイントに車を寄せるように意識して、車の前部が赤い点線の手前に達するまでの間、減速しながらハンドルを戻します。
この時車体が左斜めになっても、道路に対しての平行にこだわる必要はありません。その後すぐに
Bポイントを目の正面でとらえるように視線を移動させ、そのポイントを目でとらえたまま、自分がハンドルを”回したい”と感じたときに、すぐハンドルを回して下さい。

注:ハンドル操作終了後、前が当たりそうになったり、右後輪が脱輪したりする場合は、必ず原因があります。
まず、顔の向きをチェックして下さい。(
ポイント以外の場所を見ていないか?)次に、速度がハンドルを回すのに適当(自分にとって)かどうかをチェックします。当然慣れるまで少々練習が必要になります。  


Car No.4       

ハンドルを全部回したらCポイントに視線を移し、ポールに当たらずに通過できそうだと感じたら、再びBポイントに目を向け、今度はできるだけ道路の右側に寄せようと思いながら、車の前部が赤い点線の手前に達するあたりまでに減速しながらハンドルを戻します。


Car No.5       

右寄せと減速が完了したら、すぐDポイントに目を向け、やはり”回したい”と感じたときにハンドルを回して下さい。


Car No.6

その後はCar No.4と同じ要領でEポイントに顔を向け、ポール通過のチェックをします。


Car No.7       

ここでは出口を左折するため、Fポイントを目の正面でとらえ、できるだけ道路の右に寄せようと思って下さい。
後は右方から接近する車に注意しながら、左折後の誘導位置をなるべく遠くに設定して、その場所を目の正面でとらえて曲がって下さい。 
 

注:出口の左折は、今までの応用ですから、是非あなたが感じたとき、自分の車両感覚を信じて、思いきってハンドルを回してみて下い。
必ずできます。


最後は復習を兼ねたまとめと補足です。

◎進入時にAポイントを見て、できるだけ左に寄るようにハンドルを”戻す”。
赤い点線の少し前で減速(または停止)を完了して、Bポイントを見る。
Bポイントを見ながらハンドルを回す。(ここだと感じたとき)
Cポイントのポール接触を注意して、Bポイントを見る。
Bポイントを見ながら、できるだけ右に寄るようにハンドルを”戻す”。
赤い点線の少し前で減速(または停止)を完了し、Dポイントを見る。
Dポイントを見ながらハンドルを回す。(ここだと感じたとき)
Eポイントの接触を注意して、Fポイントを見る。
Fポイントを見ながら、できるだけ右に寄るようにハンドルを”戻す”。


アドバイス:曲がるためにハンドルを”回す”寄せるためにハンドルを”戻す”という操作は、クランクに入るのが初めての方は、少し勇気が必要です。しかし、あなたが、ここに示したポイントを確実に見て(もちろん顔を向けて)いれば、必ずできます。

「思っていてもなかなかできない」と言う人がいますが、クランクは思ったときにハンドルを操作しないと”できません”。

是非、頑張って下さい。